ギターの初級、中級、上級の考え方について

ギターの初級、中級、上級についての考え方は人により違うことと思います。 一定の明確な基準があるものではないので、ギターナビでは独自に目安を作っています。 ギターレッスンを受講する生徒様側にとって、ご自分の今のレベルを把握することはとても重要なことです。 それにより、 これからギターで何を学んでいけば良いか? 学んだらどうなるのか?が明確になります。 ギターナビが考える判断基準を下記に掲載させていただきます。   除外する判断基準 〇〇の曲が弾けたら上級 テンポ〇〇で○連符を弾けたら上級 〇〇のジャンルは上級 ○コードが押さえられたら脱初級 ギター歴○年以上だから上級 等、判断基準を一点に絞ることは避けます。 ギターナビではカテゴリを「技術」と「知識」に分け、さらにステージを「1〜3」に分けて考えます。   「技術」と「知識」、「1〜3のステージ」 ステージ1 ステージ2 ステージ3 「技術」は指の熟練度 ○コードを時間をかけて押さえられる ○コードを瞬時に押さえられる ○コードの1部分が鳴らない 指が分離して動く等、指の動きに関わる要素です。   「知識」は音楽の認識度、指板上の見え方 キーを把握しながら弾く スケールを把握しながら弾く コードの構成、進行を把握しながら弾く 音名、度数の把握しながら弾く等、認識度、理解度、指板上での見え方に関わる要素です。     実際にはこれらの要素が絡み合っています 上記の表でだいたいのご自分の現在地点が見えたかと思いますが、実際はこれらの要素が複雑に絡み合っているケースもあるかと思います。 指は自由に動くけど、何スケールを弾いているのか?何コードを弾いているのか?キーは何なのか?わからない 音の並びはわかるけど、実際の演奏で引っかかる 音楽理論を学んだつもりだけど、それで演奏が良くなった気がしない 等です。ギター歴が長くてもステージ1のままの人もいますし、知識だけがステージ3であっても実際の技術がともなっていない場合もあります。 それらを整え、次のステージへ進めるよう、楽しく学びの場を提供させていただくのが、ギターインストラクターの役割だと考えています。