ギターの初級、中級、上級についての考え方は人により違うことと思います。

一定の明確な基準があるものではないので、ギターナビでは独自に目安を作っています。

ギターレッスンを受講する生徒様側にとって、ご自分の今のレベルを把握することはとても重要なことです。

それにより、
これからギターで何を学んでいけば良いか?
学んだらどうなるのか?が明確に
なります。

ギターナビが考える判断基準を下記に掲載させていただきます。

 

除外する判断基準

  • 〇〇の曲が弾けたら上級
  • テンポ〇〇で○連符を弾けたら上級
  • 〇〇のジャンルは上級
  • ○コードが押さえられたら脱初級
  • ギター歴○年以上だから上級

等、判断基準を一点に絞ることは避けます。

ギターナビではカテゴリを「技術」「知識」に分け、さらにステージを「1〜3」に分けて考えます。

 

「技術」と「知識」、「1〜3のステージ」

ステージ1

技術知識

  • 指が思い通りに動かない

  • コードが完全に鳴らない、押弦に時間がかかる

  • ピックを握る手に力が入り、音がバキバキ

  • 次の押弦にいくまでに時間がかかる

  • 右手と左手を交互に目で確認しながら弾く



  • 押弦した場所の意味を知らない

  • 楽譜に書いてある場所を弾いただけなので応用が効かない

  • コードを丸暗記

  • 一曲覚えるのに労力と時間がかかる


とにかく弾いて上達、今日の音を楽しもう!


  • 基礎的なことも学びつつ、好きな曲に取り組みましょう。

  • 「コードが完全に鳴らない、押弦に時間がかかる」の解決は多少の時間かかります。
    それを受け入れつつ今日の音を楽しみましょう。

  • 完コピにとらわれないようにしましょう。簡略化しても良いので安定して弾けることを目指しましょう。

  • 間違ったことの熟練は禁物、正しいやりかたを熟練していきましょう。


ステージ2

技術知識

  • リズムをとりながら弾ける

  • そつなく指が動くようになってきた

  • ある程度のコードは鳴らせる

  • 右手の脱力ができてきて、音がよくなってきた

  • スムーズにポジション移動できるようになってきた

  • 右手と左手を見なくても弾ける



  • 指板上の音名を覚え、今何の音を押さえているかがわかる

  • ルートの認識ができている

  • もっと効率良く覚えたい意欲が湧く

  • キー、スケール、コードが何となく理解でき始める


弾く5割、知る5割で上達へ


  • 指の練習もやりつつ論理的理解も必要となってきます。

  • 指が動くようになってきて、ギターがさらに楽しめるようになってきますが、「もっと効率良く弾けるようになりたい」との気持ちが生まれてきます。

  • 論理的理解をして応用が効くようになってくると、途端に視界が広がってきます。さらに次のステージを目指しましょう。


ステージ3

技術知識

  • 指の動きはかなり整ってきた状態

  • 技術レベルの合格点を引き上げ、プロレベルでの音を目指します




  • キー、スケール、コード、曲の構造を理解

  • 曲を覚えやすい忘れにくい

  • 応用が効く

  • 度数での把握ができる

  • 一つのキーにしばられず、マルチキーでの発想ができる

  • 譜面に書かれていないことができる

  • ジャンル、スタイルの理解

  • アレンジができる

  • 「自分ならこう弾く」ができる


知って上達、音楽を学ぼう

  • 指練習よりも、理論的な学びにより上達へと繋がっていきます。

  • ギターよりも音楽そのものの素晴らしさに触れることができるかと思います。


「技術」は指の熟練度

  • ○コードを時間をかけて押さえられる
  • ○コードを瞬時に押さえられる
  • ○コードの1部分が鳴らない
  • 指が分離して動く等、指の動きに関わる要素です。

 

「知識」は音楽の認識度、指板上の見え方

  • キーを把握しながら弾く
  • スケールを把握しながら弾く
  • コードの構成、進行を把握しながら弾く
  • 音名、度数の把握しながら弾く等、認識度、理解度、指板上での見え方に関わる要素です。

 

 

実際にはこれらの要素が絡み合っています

上記の表でだいたいのご自分の現在地点が見えたかと思いますが、実際はこれらの要素が複雑に絡み合っているケースもあるかと思います。

  • 指は自由に動くけど、何スケールを弾いているのか?何コードを弾いているのか?キーは何なのか?わからない
  • 音の並びはわかるけど、実際の演奏で引っかかる
  • 音楽理論を学んだつもりだけど、それで演奏が良くなった気がしない

等です。ギター歴が長くてもステージ1のままの人もいますし、知識だけがステージ3であっても実際の技術がともなっていない場合もあります。

それらを整え、次のステージへ進めるよう、楽しく学びの場を提供させていただくのが、ギターインストラクターの役割だと考えています。