あくまで現時点での理解度を判別させていただくものです。
100%理解していないと不採用というわけではなく、その方の対応範囲の参考にさせていただきます。

    音楽理論レベルチェックアンケート

    お名前、メールアドレスを記入し、チェック印を付けて送信してください。







    【フレットボード上の音名】

    フレットボード上の1弦から6弦までの音名を把握し、即座に言える。





    【音程】

    音程、転回音程、複合音程を理解し、即座に言える。






    【スケール・基礎編】

    メジャー、マイナー、ハーモニックマイナー、メロディックマイナー、メジャーペンタトニック、マイナーペンタトニック、ブルーススケールの把握と使用法。






    【スケール・ドミナント編】

    オルタード、コンビーネーションオブディミニッシュ、リディアンドミナントの把握と使用法。






    【スケール・モード編】

    アイオニアン、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリアン、ロクリアン等の把握と使用法。






    【コード・基礎編】

    3和音、4和音を把握し、構成音を即座に言える。また、どのポジションでも弾くことができる。






    【コード・テンション編】

    ナインス、イレブンス、サーティンス系のテンションを把握し、構成音を即座に言える。また、どのポジションでも弾くことができる。





    【キーと調号】

    キーと調号(#や♭の数)、平行調の関係を把握している。





    【5度圏】

    5度圏の表の見方、5度進行、4度進行を把握している。






    【ダイアトニックコード】

    メジャーキー、マイナーキーのダイアトニックコードを把握し、どのポジションでも弾くことができる。






    【ダイアトニック外のコード】

    セカンダリードミナント、サブドミナントマイナーを把握している。






    【初見演奏】

    楽譜を初見演奏することができる。

    例:レッスン時に講師の知らない曲の楽譜を渡された。






    【採譜】

    楽譜が無い曲を採譜(メロディ&コード)することができる。
    例:生徒様のリクエスト曲の楽譜が存在しなかった。






    【簡単アレンジ採譜】

    レベルに合わせ難易度を変えた採譜をすることができる。
    例:生徒様が演奏したい曲があり、現時点でのレベルではとても弾けそうになかったので簡単バージョンの楽譜を作ることにした。






    【ソロギターアレンジ採譜】

    ソロギターアレンジで採譜することができる。
    例:生徒様から楽譜のない曲をソロギター(ベースラインとメロディを同時に演奏するもの)で弾きたいとのリクエストがきた。






    【アナライズと解説】

    曲のアナライズができ、コード進行から対応スケールを導き出し、解説をすることができる。

    例:ジャズスタンダード「枯葉」のコードと対応スケール解説。