スリー・コードを弾いてみよう(KEY=F編 F、B♭、C、C7)

スリー・コードとは?

曲に欠かせない、骨格となる3つのコードのことです。

ほとんどどんな曲にもこのスリー・コードが登場します。

つまり、スリー・コードをマスターすることが曲のマスターへの近道となるわけです!

頑張って覚えましょう!

KEY=Fのスリー・コード(F、B♭、C、C7)

今回はキーをFとしてスリー・コードを覚えていきます。

Fコード、B♭コード、CまたはC7コードです。

下記のダイアグラムを見て押さえてみてください。

コードを1つずつ弾いてみよう

各コードを1つずつ弾いてみましょう。

(1)ジャラ〜ンとFコードを弾いてみよう



Fの省略バージョン

(2)ジャラ〜ンとB♭コードを弾いてみよう



B♭の省略バージョン

(3)ジャラ〜ンとCコードを弾いてみよう

Cの省略バージョン

(4)ジャラ〜ンとC7コードを弾いてみよう

Cの省略バージョン

 

コードチェンジをしてみよう

コードチェンジの練習をしましょう。焦らずゆっくりと弾きましょう。

(1)FコードとB♭コード

省略バージョン

(2)FコードとCコード

省略バージョン

(3)FコードとC7コード

省略バージョン

(4)B♭コードとCコード

省略バージョン

(5)B♭コードとC7コード

省略バージョン

これができたら合格ライン!

拍をあけずにF、B♭、C、C7をコードチェンジ

省略バージョン

レパートリーチャレンジ

上記が弾けるようになったら下記の曲に挑戦してみましょう。

(1)きらきらぼし

(2)ハッピーバースディトゥユー

まとめ

このページで覚えたスリーコードは今後も長いお付き合いになるコードです。
KEY=Fでのスリーコードが余裕になってきたら他のキーでも挑戦してみてください!

ギター上達の近道!専属インストラクターから習ってみよう!

ギターを独学で進める上でのデメリットは「常に自己判断」ということです。
また、「知識」のみが先行し、「経験値」が育ちにくいものです。

わからないことがあったらすぐに聞ける環境、次に自分がするべきことが見える環境、
それがプライベートレッスンです。

インストラクターとチャッチボールしながら前に進んでいきましょう。