ギターの種類

ギターには一体どのような種類があるのでしょうか?

楽器屋さんに行くと、いろんな形やいろんな色のギターが置いてあり、その種類の多さに圧倒されますね。実際ギターは非常に多くの種類があるのですが、細かい種類は後々紹介していくことにして、ここでは大まかに2種類に分けて解説させていただきます。

電気信号で音を増幅させる、エレクトリック・ギターと、電気を使わずに、ボディの振動だけで大きな音を出す、アコースティック・ギターに分けることができます。

エレクトリック・ギター(通称エレキ・ギター)

ボディに、ピックアップというマイクが付いていて、そこで音を拾い、アンプから音を出します。
ポップス、ロック、ブルース、ジャズ、あらゆる音楽ジャンルで登場します。
クリーンなサウンドと、オーバー・ドライブ・サウンドと呼ばれる、歪んだ音が出せます。

アコースティック・ギター

電気を通さないギターをアコースティック・ギターと呼びます。大きな音量を得るため、ボディが空洞になっていて、真ん中にサウンド・ホールという穴があります。

フォーク・ギター(通称アコギ)

一般にアコーティック・ギター(アコギ)というと、このギターを指すことが多いです。フォーク・ギターとも呼びます。
ポップス、フォーク、弾き語り、ブルースなど幅広い音楽ジャンルで使われます。

エレアコ

一見アコースティック・ギターですが、ピック・アップを仕込んで、アンプに繋げて音を出せるようになっているギターをエレアコと呼びます。

アンプと繋がなければ、普通のアコースティック・ギターとして使えます。
ステージで弾いたりする場合は、大きな音量が必要になるので、エレアコを選ぶと良いでしょう。

アンプに繋ぐといっても、エレキ・ギターのように歪んだ音を出すことはやらないので、エレキ・ギターとエレアコは別物と考えてください。

クラシック・ギター

クラシック・ギターは、クラシック、フラメンコ、ボサ・ノヴァ、演歌などで使われます。昔は羊の腸(ガット)が弦として張られていたので、ガット・ギター、クラギとも呼びます。甘く、まろやかな音が特徴です。

エレガット

クラシック・ギターをピック・アップを仕込んでアンプに繋げられるようにしたギターをエレクトリック・ガット・ギター(通称:エレガット)と呼びます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ご自分の興味のあるギターはエレキでしょうか?アコギでしょうか?それとも両方?

素敵なギターと出会えるといいですね。

次回はさらに細かい種類に分類して解説させていただきます。

ギター上達の近道!専属インストラクターから習ってみよう!

ギターを独学で進める上でのデメリットは「常に自己判断」ということです。
また、「知識」のみが先行し、「経験値」が育ちにくいものです。

わからないことがあったらすぐに聞ける環境、次に自分がするべきことが見える環境、
それがプライベートレッスンです。

インストラクターとチャッチボールしながら前に進んでいきましょう。