【解説】広い範囲でドレミを弾いてみよう

ギターで一番最初に覚えるドレミファソラシドを覚えたら、次は、範囲を少し拡げて弾いてみましょう。

広い範囲でドレミファソラシドを覚えるメリット

曲のメロディは1オクターヴ以上の範囲で作られることが多く、これを覚えることにより、より幅色い曲に対応することができます。

スケール(音階)を覚えることはギターの基礎なので、スタートさせたらなるべく早めに取り組みましょう!

【実践】ギターのドレミファソラシド

ギターのドレミファソラシド(ダイアグラム)

ギターのドレミファソラシドを弾いてみよう

タブ譜を見ながら弾いてみましょう。

(1)高い場所でドレミファソ

(2)低い場所でドシラソファミ

(3)広い範囲でドレミファソラシド

【曲】レパートリーチャレンジ

上記が弾けるようになったら下記の曲が弾けるようになります。

よろこびの歌/ベートーベン

虹の彼方に(オーバーザレインボウ)

大きな古時計

【まとめ】広い範囲でドレミを弾いてみよう

いかがだったでしょうか?
広い範囲でドレミファソラシドの場所を覚えると、若干弾けることが拡がったのが実感できたと思います。

しかし、まだ1ポジションでスケール(音階)を覚えただけに過ぎません。
ギターの場合、あらゆるポジション、あらゆるキー、あらゆるスケールの種類を今後習得していくことが必要です。

引き続き習得していきましょう。
頑張って練習に励んでみてください!

【次のおすすめ】

ギター上達の近道!専属インストラクターから習ってみよう!

ギターを独学で進める上でのデメリットは「常に自己判断」ということです。
また、「知識」のみが先行し、「経験値」が育ちにくいものです。

わからないことがあったらすぐに聞ける環境、次に自分がするべきことが見える環境、
それがプライベートレッスンです。

インストラクターとチャッチボールしながら前に進んでいきましょう。