Cメジャースケール(パターン2)

一番最初に覚えるドレミを覚えたら、新しい場所でドレミを覚えてみましょう。
ドレミファソラシドをメジャースケールと呼びます。
そして今回覚える場所をパターン2のCメジャースケールと呼びます。
今回は解放弦を使わず、全て押弦します。

Cメジャースケール(パターン2)のスケールフォーム

1オクターヴでCメジャースケール(パターン2)

まずは1オクターヴ分覚えましょう。

広い範囲でCメジャースケール(パターン2)

次は広い範囲で覚えましょう。

シーケンスパターンで練習してみよう

一定の規則性を持たせて弾くパターンをシーケンスパターンと呼びます。

シーケンスパターン練習の効果

  • 指の練習になる
  • スケールをより強く覚えることができる
  • 先を読んだ運指ができるようになる

3音シーケンス

レパートリーチャレンジ

上記が弾けるようになったら、下記の曲に挑戦してみましょう。

よろこびの歌/ベートーベン

ギター上達の近道!専属インストラクターから習ってみよう!

ギターを独学で進める上でのデメリットは「常に自己判断」ということです。
また、「知識」のみが先行し、「経験値」が育ちにくいものです。

わからないことがあったらすぐに聞ける環境、次に自分がするべきことが見える環境、
それがプライベートレッスンです。

インストラクターとチャッチボールしながら前に進んでいきましょう。